愛馬仕アーカauシリーズ:麦わらの象眼アート

麦わらといえば、新しいエネルギーを思い浮かべても家具の内装もしたことがないが、麦の茎が腕時計とのつながりを想像するのは難しい。特に、エマースの表盤の上に出てくると、黒ブルーの装飾は少しも合わず、かえって美しく、違う自然なデザイン感を持っています。この腕時計は特殊な複雑な機能はありませんが、簡潔な外観デザインは十分に心を奪われます。

 
今日、この品種のヌムギの棒はフランスの境内にある農庄だけしか生産できません。他の標準の麦わらで比較して、この品種の麦わらは比較的に長くて、麦の節が少なくて、人工収縮の方法を採用して最も理想的な部分を選ぶことができることを確保することができます。現場はすべて色を塗った後に乾かして、天気の状況、湿度の違い、異なった染め池の影響の下で、1本の麦の棒は唯一の濃淡の色を持っていて、自然な色は微妙に象眼した基調を構成しました。

 
手工芸の精髄は、愛馬役の深い美学を含んでいて、貴重な芸が絶えず、創作された芸術品は手と心の絆を訴える物語である。麦わらは薄い刃の切れで分けて、骨の種類の工具を利用して手作業で整平して、それからまっすぐに麦棒を別々の長さに切って、この過程は精確な手振りと相当の体力を必要としなければなりません。職人は、麦わらの色と方向の違いを研究して、方格紙の上に麦わらの底図を組み合わせて、それから革の書籍のようなもののように、麦の茎がつづり合う図案を表盤に象眼する。

Comment is closed.