丹念に作ったエナメルの腕時計

GP – PerREGAUX(GirARD – PerREGAUX)w . tc John Harrison腕時計、表盤は精強な内にエナメルの工芸の結晶を埋めることを凝縮して、GPシケ表の表工場のエナメル工坊から丹念に製造しています。表盤と互いに呼応するため、都市の表示リングには、ロイヤルブルーと王立港の名称を強調した。

 
現地時間の表示を除いて、この時計はまた青/白の色の時間表示リングとメッキの葉の形の針の同期を通じて世界各地の時間を表示します。まず、海図の輪郭をプラチナチップに彫刻する。精巧な8方向の羅経花風向図では、サイズが3ミリを超えないように彫刻職人の手で彫刻した。

 
その後、職人は毛筆で緑や青のエナメルの液体を透かし彫りにする。エナメル絵の具は、ストーブの温度が800℃にのぼる炉の中で、一定時間を焼くと、ガラスの結晶のような半透明の効果が得られます。冷却するには、それを水の中に入れ、硬石の砂で余分なエナメルを研磨する。

 
そして、まず金剛石ヤスリで、表皿に手を投げ、さらに最後の焼き焼きを行い、その過程を「上光」と呼ぶ。WiliamHarrisonは、ヨーロッパからアメリカ州への航海のルートから、銀の粉を細かく描く。

Comment is closed.