20世紀初めのクラシック復帰――カルティエSanbs de Cariterシリーズ

四角の表殻の出現自体が、20世紀初頭のArt Deco装飾芸術の極めて深い影響を受けた。多くの経典の腕時計はこの時期に誕生して、その中のカルティエのSanbs de Cartierのシリーズはその中の優れた者である。

 
2018年には、カルティエは、このクラシックシリーズの設計と機能の新たなアップグレードを行いました。四角なスタイルは20世紀初めのパリの美学によって伝えられた精緻と対称で、デザイナーは方形の形を残して、エッフェル塔の方正の四角いデザインに敬意を表します。また、カルティエは、原作の定番デザインを維持した上でより滑らかにし、着こなしも快適。素早く入れ替わるバンド装置は、1枚の腕時計を瞬時にどんなシーンに適応するような組み合わせに変身させる。

Comment is closed.