レトロな魅力を復刻クロノメーター難しい…超を担ぐ

復古風潮が時計界から日の出の勢いで、2017年1道は今年、本当に力の時(Zenith)六〇年代生まれの経典Pilot Cronometro Tipo CP-2腕時計のアップグレード、Bell & Rossは製造していた新しいBellytankerシリーズクロノメーター。

 
ごじゅう年前で、Zenith発売されたばかりの愛称を「Cairelli」のPilot Cronometro Tipo CP-2クロノメーター、当時はイタリア軍の依頼を受けて制作数に加えてみると、希少性能に優れ、軍事ファンやコレクター達の心の中の夢まぼろし逸品。今年のブランドが続いてきたこの伝奇腕時計の概念との外観は、搭載El Primeroポスト輪ムーブメントをカウントダウンさせる機能を組み合わせて飛んで帰って、靑銅や復古精鋼ケース。文字盤には琢面矢じり状指標とアラビア数字のダイヤルは、看板TIPO CP-2きゅう、くポイント、それぞれさん時位置設計て小さい秒針と分クロノ盤、同時に組み合わせブラウンや緑皮油性スクラブバンド。

 
Bell & Rossは高速レースの情熱を発揮し、新しいBellytanker車種を誇り、用意して同シリーズクロノメーター。ブランドは5〇年代のレースをモチーフにしたもので、このような概念を表に持っていくので、500匹の腕時計を限定して、魅力的なレトロな外観があります。新しいBellytankerシリーズBR V2-94表、「パンダ」の対比色クロノ盤、Bellytanker車の色に呼応して、文字盤の金属銅色はレースの軸、分軌道上に黒い線の詳細もレースの先頭に見。

Comment is closed.